「ほっ」と。キャンペーン
<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
住むこと
起きたら明け方の4時近い…。
息子の添い寝のつもりが私もぐっすり。
キッチンの片付けしなきゃと1階に降りると
すっかり片付いていて、こんな幸せな瞬間はない。
最後に食べた母の仕業かな。(でもあと3日で実家に帰ってしまう…。)

ゆっくりお風呂に入り、お気に入りのブログをチェック。
あるブログの旅行記にステキなホテルを紹介していました。
場所はイタリアのトスカーナ。
いつか家を建てる時、少しばかり参考にさせてもらおうなんて
さっそくお気に入りに。(そんな予定は全然ないんだけど)


いま住む場所や環境をとっても考えるようになった。
いまの家が手狭なのもあるけど、息子ができて
どんなところでどんな風に楽しく子育てできたらなって。

そんな妄想タイムは楽しい。
いろんな場所に行って、いろんな話を聞いて
私たちらしい答えが見つかるといいな。


san martino
センスのよいオーナー夫婦が経営していて
小物は昔スタイリストをしていた奥様の手作りなんだそう。
写真をクリックするとアルバムが見えます。
[PR]
by bishopcafe | 2011-09-12 06:08 | 日々
Happy Wedding
9月に入りました。そう、もう今年も後半戦です。
早いです。早すぎる…。

この数日間でWeddingにまつわるお仕事を
いくつかご依頼頂きました。
ホームページやロゴ、ちらしなど。
偶然なんですが。

幸せをお手伝いするプロたちが私のクライアント。
そしてクライアントにとってのお客様は
一生に一度の特別な日を夢見ているカップル。

ゼクシィがあんなに分厚いのにはわけがあるんですよね。

e0171765_2246357.jpg

↑なんと990ページある。体重計で計ると2kg。(気軽に立ち寄った本屋さんから持って帰るには重すぎる)


結婚式ってどれだけ余裕を持って取りかかれたかで
すごく差がでるように思う。
花嫁の二の腕の太さにだって比例するんだから
のんびりなんてしてられない!


でも、どうしても短期間で準備しなくてはいけなくても
やっぱりちゃんとしたプロにまかせるべき!
相談すればお日にちもなんとかなることも。
その後は、それはそれは段取り良く、漏れなく、
無事にその日を迎えさせてくれる。
(当日、指輪だけは忘れずに)

最近の結婚スタイルは本当に様々。
でも忘れてはいけないのが
一生に一度の晴れの日の主役の二人なのだけど
その二人がこんなに堂々と家族やゲストに
感謝を伝える場もこれからもうないということ。

きっと歳をとればとるほど
ドレスがどうだったか?料理は?という事も大切な思い出だけど
あの時、感謝の気持ちをちゃんと伝えられたかどうかで
後悔するしないになっていく気がする。

式場選びで大事なのはそんな気持ちをわかってくれる
プランナーがいるところかもしれません。
[PR]
by bishopcafe | 2011-09-02 23:19 | お仕事