「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
今年もありがとうございました。
なんとも早い1年でした。みなさまもそうではないですか?
bishopは激動と言ってもいいくらいでした。

なんといっても子どもを授かったこと。
そのおかげでいろんな事を見つめ直すきっかけになりました。
生き方も、お仕事も。
やっぱりなんでも必然なんですね。

今年を振り返ってみると、たくさんの出会いとお仕事をさせて頂いたことを思い出します。
そして感謝しかありません。ありがとうございました。
来年もさらにお役に立てるものをご提案できたらと思います。

今年はご提案する企画に力を入れました。
そのおかげで、bishopにとってもお客様にとっても良い結果に繋がるケースが
多かったのがとっても良かったこと!

来年はそれを継続しつつ、お客様にとっての本質の話を
ちゃんと伝えられる力を身につけたいと思っています。
せっかく出して頂ける限られた広告費を、
意味のあるものにしていく事が最大の役割。
あたりまえのようですが、そのためにはお客様とbishopが
その事を同じ認識、相思相愛でないといけないんですね。

なのでこの課題は来年に繋げたいと思っています。
日々修行です。



そして私の出産後の予定です。(2/5が出産予定日)
しばらく赤ちゃんを中心に、在宅で夫のフォローにまわります。
そして半年から1年後を目処に徐々にみなさまの前に復帰できたらな〜と思っています。
(携帯・メール・PCメールなどは繋がります)

その間のお仕事は夫が中心に進めていきます。
ですが、お客様に提案する企画・デザインは相変わらず
二人で方向性を探っていくやり方は大事にしていこうと思っています。

では来年もbishopをどうぞよろしくお願い致します(拝)
[PR]
by bishopcafe | 2010-12-31 11:36 | 日々
結婚式の招待状
先日、お友達が結婚式の招待状のお仕事を頂きました。
一生に一度の記念になる大切な日、最後まで大切にやらせてもらおうと思います。

着物が大好きなヤマトナデシコな彼女は、近所の川原神社で式を行うのだそう。
おごそかでステキですね。こっそり見にいこう。

実は我が家の近所の花屋さんに嫁いできます。うれしい。
彼女自身が小さな白い花のようでかわいくて
将来、お店をお手伝いする彼女を想像するとなんともほっこりします。

招待状のお仕事を頂くと60〜80部など大量になるのですが
今回は少量で良いとのことで、普段できない事に挑戦できました。

彼女からの要望は紅白で和で、それだけです。
少しだけデザインをお見せします。

e0171765_11142894.jpg


縁起の良い和柄を重ねました。白を貴重に白無垢のイメージ。桜は彼女のイメージ。
紙を活かして手前はゴールドで豪華に。
これはキュリアスという紙を使っているからできる技。
紙自身がキラキラの光沢感があって白の面積が多くなっても気品があります。
赤いトレーシングペーパーを挟み込んで、重くならない紅をスリットで見せる重ね技。
ゴールドの寿のシールを貼って、リボンをかけて出来上がりです。

ご年配から若い方までたくさんの方に目を触れる招待状は、
決まり事が多くとっても気を使います。
そしてコストを抑えるために1つ1つ手作業で行うようにしています。
こうやって演出が楽しめるのは招待状だからこそ。
やめられないのです。


       *                *


手作りで招待状を作るなら、JRタカシマヤの10Fの東急ハンズがオススメ。
久屋大通の東急ハンズより数も在庫もあります。
東急ハンズ名古屋店

紙をこだわりたいなら、国際センターにある平和紙業(ヴェラム)です。
ショップではA4サイズ1枚から購入可能。紙をカットする場所もあってベンリです。
数が多いなら有料ですが、紙のカットのサービスもあります。
(この後、ユニモールを地下街を通ってJRタカシマヤに行くルートがオススメなんです。)
ヴェラム
[PR]
by bishopcafe | 2010-12-23 11:14 | お仕事
何気ない一言
今日、お友達とランチをした。
気を許せる数少ないお友達のひとり。
オシャレカフェじゃなくても、
たくさん話したいしロイホでいいよね〜って温度がわかる仲。

実は悩みの渦にいた私に、彼女の何気ない一言で
すっかり胸のつっかえがとれてしまった!
彼女は気づいてないだろうな(クククっ)

誰でも言えることでもなく
私の状況とか性格とか知った上でないと言えなかった言葉かな。
いや、そんな風に意識して言ってない感じもする、それならさらにいいね。

そんなお友達が近くにいてくれて本当に感謝している。
この場でほんまにありがとう。


今年ももう少し…。
私も誰かひとりでも幸せにできる一言を言えたらいいな。
いや、言うぞ!
[PR]
by bishopcafe | 2010-12-20 15:38 | 日々
東京へ
先日、東京へ行って参りました。
日帰りの予定でしたが、相方の仕事のスケジュールの都合で1泊することに。

彼が仕事をしている間に、いろんな所を見てまわろうなんてできないのが
9ヶ月の大きいお腹の妊婦(涙)。
それならホテルでゆっくり過ごしたいとリクエストを出したら
ホテルオークラ東京」を予約してくれました。

1962年に建てられた老舗のホテルですが、和のモダンさの上品なこと。
私のすごく好きなライン。
エントランスからのホテルマンの気遣いがさりげなく、
自分を特別なゲストと思わせてくれます。

e0171765_1141292.jpg

入口正面には天井まで届くツリー。


e0171765_114077.jpg

この照明がとても好き。

私たちが泊まった部屋はスタンダードツインルーム。
部屋に入ると鶴と亀の折り紙でさりげないおもてなしが嬉しい。
e0171765_1175128.jpg


やっぱり気になるのがアメニティ。この充実感!
e0171765_1173566.jpg


仕事を終わらせた彼と待ち合わせて19時から「ジョンレノンスーパーライブ」へ。
今年で10回目のチャリティライブ。ジョンが亡くなった命日に毎年行われ
ジョンとヨーコの想いに賛同するアーティストが集まります。
今年は、常連でもある奥田民生・吉井和也・斉藤和義・BONNIE PINK・LOVE PSYCHEDELICO etc
詩の朗読に今年は鈴木京香やcoccoが参加していました。

収益は貧しい国の学校を建てる資金になります。なんと今回の収益も足すと
建てる学校は100校を超します。
学校を建てるだけではなく、その後の先生の育成にも力を注ぎます。
オノヨーコが貧しい国に一番必要なのは教育だと言い、
ライブではその説明をしっかり伝える時間を設けています。

印象的だったのは、彼女がライブの最後に
「あなたが1人でも平和のためにできることは
兄弟や親に「元気?」と1本電話をかけるだけでいいのよ」
と言ったことでした。
戦争を直接止めることはできないけど、電話なら私にもできます。




次の日は会議を終わらせ、青山のオルネドフォイユ
そして上野にある東京芸大へ。地元の町おこしでお世話になっている田中一幸教授の展覧会があり
木工家でもある田中教授の繊細で美しい作品に触れてきました。

あっという間に新幹線の時間、タクシーを飛ばしギリギリ乗り込み
無事名古屋に着きました。
ステキでエキサイティングな東京!
2月の出産を無事終えて、次はいつ行けるのかしら…。
[PR]
by bishopcafe | 2010-12-15 11:05 | 日々
「カルデリストア」オープン!
カルデリストアがオープンしました!

お友達のお誕生日プレゼントを買いに行ってきました。
カルデリはイタリアンのお店カルディーノの入口の一角に小さくお店を構えています。

ラクしたいし、でもいつもの料理が美味しくなって、なおかつ手間隙かけず
家族に手料理を食べさせたい!なんて図々しいことを考えてる、私みたいな主婦の味方。

ご飯の供、万能たれ、旬の果物のジャム、手作りふりかけ、食べるラー油など
店主のあゆみさんの手作りしたもの、全国から取り寄せた美味しいモノもセレクト。
それはそれはバリエーション豊かです。

e0171765_11291793.jpg


チルドケースには手作りのトマトソースに肉味噌、めずらしいモッツァレラチーズまで。

e0171765_1129313.jpg


今回は自分用にさつまいもとリンゴのジャム、万能にんにく醤油だれ、ジャコふりかけを購入♪
何がうれしいって、財布に優しい価格!
スーパーで買うならカルデリで買うべきでしょ!





ショップカードができました。

e0171765_123145.jpg


食材を扱うお店ですが、どんな方向性のものを扱っているか?
この温度をパっとイメージしてもらえないといけない目的がありました。
なのでここは写真をメインに。

中面は、具体的な商品ラインナップと金額を入れました。
e0171765_12294390.jpg



そしてコンセプトが書かれています。
コンセプトはあゆみさんと色々お話したり、日々感じたことをメール頂いたりして
できあがったものです。

e0171765_12182360.jpg


“ほっこり”
これは旦那様がやっているカルディーノのコンセプトにも出てくる言葉。
二人のためにどうしても使いたかった。

お店にとって、店主にとってコンセプトは目的地をしるした地図のようなもの。
長く続けるには“ぶれない”ことがとっても難しくなることもあります。
そんな時、初心に帰る事ができる道しるべ。

だから手が抜けない大切な作業の1つにしています。


☆カルデリストア

OPEN10:30~17:30
CLOSE Sunday・Monday

名古屋市名東区山の手2-112 マンションわくら1F
TEL080-6952-6152
[PR]
by bishopcafe | 2010-12-02 11:47 | お仕事