<< ドームやきものワールド matome・まとめ・aruk... >>
小さなまな板
今日は朝からがんばって洗濯をするんだけど
黄砂が降るそうで、外には干せそうにないみたいですね。
こんな時は洗濯物を加湿器代わりに。

母に誘われ、昼から名古屋ドームの陶器市に行ってきます。
陶器好きの母、今度は瀬戸に誘ってみるか。

e0171765_10543336.jpg


そう、写真のまな板は家具職人のtokotowaの小林さん制作。
先月kokokarahairでおこなったイベントで買ったもの。
tokotowaさんとはショップカードを作らせて頂いたのがご縁。
我が家のローテーブルの修理もご自分の家具でもないのに
心良くやってくれた優しい方です。

料理をしていると、大きなまな板は出さなくていいシーンがよくあります。
キッチンばさみで済むならと駆使することも。

そんな時、小さいまな板は大活躍!
トマトを切るだけ、にんにく・しょうが、タマネギまで
朝はトーストものせたり。トーストは蒸気を逃がしてくれるので
しな〜とならずパリっとしたまま。木のまな板は優れものなのです。
そんな使い方やメンテナンスまで、実は小林さんが丁寧にお話してくれます。

それにプラス使いやすいのがなんといってもこの左右のくぼみ!
(くぼみはいろんな意味でも大切よね〜女子的)
この写真はまな板の裏面を写したところ。
e0171765_11214482.jpg


切った野菜を素早くフライパンに移すとき
まな板をつかむ指がなんともちょうどいい感じでひっかかる。
こんな小さな職人の気遣いが購買意欲につながり、使い手は日々のストレスから解放される。

その場で何度も持っては、シュミレーションする私。
S字フックでまるい部分をひっかけ、これで乾燥は大丈夫!
すぐに手に取れる収納場所まで想像する。
キッチン用品は特に手早く・切る・洗うを何度も繰り返すもの。
使いづらいものは、デザインが良くても戸棚にしまってしまう。
なんといっても限られたスペースですしね。

そんな真剣モードの私にさりげなく小林さんが使い勝手の説明をしてくれた。
なるほど、なるほど
そして気になる金額は?お値打ちだぁ〜。
その理由は家具を作った時に出る端材を使っているのだそう。
さらにやられた〜☆

生活まわりにこんな心地良い木のものが増えたら
ずっと使う家具も、tokotowaさんのものを使いたいと思うだろう。

広告もそうなんだなぁ〜
自己満足ではなくて、
この機能、このサービス、そしてこの金額
「よし、ナットク!買いだ!」

シンプルなんです。
そのためには、ちゃんと伝わる広告でなくてはね。


tokotowa(トコトワ)
各務原市にある工房兼ショールーム♪
ぜひ、行ってみて下さい。
小林さんにお会いしたいなら一度、お電話するといいかも。
[PR]
by bishopcafe | 2010-11-13 11:18 | 日々
<< ドームやきものワールド matome・まとめ・aruk... >>